水道の修理を依頼する前に原因を考える

水道のトラブルが起きた時に、まず最初に考えたいことは何が原因なのかという事です。原因が分からないと修理を業者に依頼すべきなのか、それともちょっとした事をするだけで解決できるのかという判断ができません。また、トイレやお風呂、キッチンなどトラブルが起きた場所によって原因が違っている事もありますし、季節や地域によっても原因は変わってきます。
原因が何なのか分かっていると、工事を依頼する際にも原因を伝える事でスムーズな工事をしてもらう事が期待でき、工事にかかる期間が少なくなる可能性も出てきます。水道は日常生活に必要不可欠なものですから、少しでも使えなくなる期間を短くするためには、トラブルが起きた時にその原因を把握できるようにしておくと良いでしょう。

■考えられる原因とは

水道のトラブルでまず考えられる原因として挙げられるのが、ゴミなどが詰まってしまうというものです。これは場所に関係なくトラブルの原因になり得るため、まず最初に確認してみましょう。もうひとつ考えられる原因としては、経年劣化などによってパーツが破損してしまうというものがあります。
こちらも場所に関係なく起きるトラブルで、耐久年数以上使われている水道管や排水管があるならば、こちらの原因も考えてみましょう。外側に特に変化がなくても、水が赤っぽい色をしていたり、錆びの臭いがする場合は内部が錆びてしまっている可能性があります。トラブルが起きる前に、パーツ交換などをしておいた方が良いでしょう。

■特定の季節で考えられる原因とは

特に冬場に水道のトラブルが起きる原因として考えられるのは、凍結によるトラブルです。これは冬に気温が氷点下まで下がる地域によく起こるもので、水抜きなどを忘れてしまった際にトラブルの原因となります。朝になって突然水が出なくなった場合、冬場ならばこの原因を考えた方が良いでしょう。
凍結が原因である場合は、修理の依頼をしなくても時間の経過でトラブルが解決する事もありますから、慌てずに時間を置いて様子を見てみるというのもひとつの手段です。キッチンだけでなくお風呂の水道管でも起きる可能性がある原因なので、冬に水道のトラブルが起きた時にまず考えたい原因となっています。
給湯器が凍結してしまった場合は給湯器 修理や交換が必要となることもあるため注意が必要です。

■まとめ
水道のトラブルが起きた時には、まず何が原因なのかを考えなくてはいけません。原因が分からないと、例えば時間経過で何とかなるようなトラブルであっても業者に依頼してしまい、出費が増えてしまいます。ですから考えられる原因が何なのかを知っておく事で、トラブルが起きた時にどう対処すればいいのかを考えやすくなりますし、自分で対処できるかどうかを判断する基準にもなってくれます。
考えられる原因はいくつかあり、簡単に対処できるものから時間経過で解決するものまでさまざまです。判別しやすい原因も多いですので、慌てず冷静にきちんと何が原因なのかを考えるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ